ペットホテルとペットシッターの違いは?自宅だとペットが安心する!

ペットシッターとペットホテルの違い

ペットシッターとは、自宅にお伺いしてペットのお世話をするサービスです。ペットシッターはペットのご家族様が不在中のペットの安全を守ることがミッションであり、ごはんの時間や排せつ処理などを一括して担当します。また、そのなかで生じるカーテンの開け閉めや観葉植物への水やりなどの無料サービスもあるため、家のセキュリティを守ることにも通じます。
一方、ペットホテルは動物が宿泊するための施設で、空港などに併設されている場合は犬ですとドッグランなどの設備が充実しているところもあります。トリミングサービスなどオプションで受けられるサービスがあり、ペットを外で宿泊させることでいつもはできないことをできるようにする、いわば特別待遇ができる利点があります。
どちらにもメリットとデメリットがあり、好きなほう、または預ける理由などによって適切な方を選ぶのが良いでしょう。


ペットホテルはストレスの原因になるかも?

しかし、一つ注意点として挙げなければならない点は、ペットホテルは自宅と違う環境だということ。いつもは家で過ごしている大切なペットにとっては、ストレスの要因になるかもしれません。しかもご家族様と離れ離れになっている状態なので、不安も大きいでしょう。
ペットシッターSunny Cloudsでは、こうしたいつもと違う環境で動物たちがストレスをためないよう、自宅でお預かりすることに意義を感じています。さらに、動物たちの様子を逐一LINEやメールで共有することもでき、大切なペットの安全をまもることができる環境と言えます。もちろん、都内でなければ対処できないというデメリットはありますが、逆に都内であれば、ペットシッターに預けてもらうことでご家族も安心して旅行などに行くことができるでしょう。
いつも過ごしている家が安心できる場所なのは、人間だけでなく動物も一緒です。いつも一緒にいるご家族がいないのなら、なおさらです。ペットのためを思うならどちらが適切か、ご自身の不在スケジュールに応じて検討してみてください。