どんな動物が預けられる?ペットシッターを利用する流れ

ペットシッターにはどんな動物も預けられるの?

ペットシッターに動物を預けたい、と考えても自分の飼っている動物が預けられるのかどうか不安ですよね。ペットシッターサービスを提供するペットシッターSunny Cloudsでは、猫、小動物を中心として犬などのお世話に対応しています。
都内のお客様ならご愛用なさられている方が多くいらっしゃいますが、特に品川区や港区などの地域の方は多く、ペットと暮らしていてなおかつ長期不在にすることの多い方が多い地区であることがわかります。不動前付近もペットシッターSunny Cloudsの拠点に近いことから、愛用されています。
特殊な対応が必要なペットの場合は基本的に料金体系の中ではご紹介しておりませんが、ご不明な点があればホームページのお申込みフォームよりお問合せください。


ペットシッターSunny Cloudsのペットシッターを利用する流れ

ペットシッターを利用したい方は、まずはお問合せをお気軽にください。料金表も目安として掲載していますが、お問合せ内容を鑑みて柔軟にお見積りをご提案させていただきます。
お問合せをいただいたあと、必ず打合せをさせていただきます。大切な家族であるペットを安全にお世話をするために、ご家族様が知っている情報や状況を把握する必要があるからです。ペットシッターSunny Cloudsのペットシッターは大切なペットの時間を一時お預かり、又は介護する責任を持ち、しっかりと対応します。
打合せを経て双方が条件を確認できたら契約を結びます。契約に必要なものがあるので、事前にご準備ください。

・3年以内の混合ワクチン接種証明書
・狂犬病ワクチン接種証明書(犬のみ)
※高齢や病気で接種出来ない理由がある場合は、事前にお問合せフォーム又はお電話にてご相談下さい。
・かかりつけ動物病院の診察券とかかりつけ動物病院さんの休診日に対応して頂ける動物病院さんの情報
・キャリーバッグ
・印鑑
・合鍵(必ずその鍵で開くかどうかの確認をお願いいたします)
・打ち合わせ料金とシッターご利用料金
その後鍵を受け渡し、実際のお預かりをいたします。お預かりが終了したら、お預かり中の出来事やペットの状況についてご報告いたします。

ペットシッターにお世話をお願いする際の動物は猫・小動物・犬が中心となっており、流れは必ず事前の打ち合わせをした後、契約を経てお世話をすることになります。しっかりと手続きを踏むので、安心してペットのお世話をお願いすることができますね。逆に、日程が迫っていると予約がとれないこともありますので、早めにお問合せするようにしましょう。