実績多数!動物看護師であるペットシッターに預けるメリット

動物看護師とは?


動物看護師とは、動物病院などで獣医のサポートをする仕事です。診療補助や検査、調剤などの業務をおこなうため、幅広いペットのケアに対する知見と資格を持っています。
また、獣医とペットと生活するご家族様とのあいだに立ち、不安を和らげ、診療の状態を説明する仲介役となることもあり、コミュニケーション力にも長けています。

こうした動物看護師にペットを預けることは、非常に信頼感があることは言うまでもありません。また、ペットシッターが動物看護師の資格を持っていれば、なおのこと旅行や長期の不在でも安心できるでしょう。また、ご家族が介助・介護の対応が難しい、ご家族様の怪我などの理由でペットの世話を一時的にできないという時も、動物看護師のペットシッターなら適切に対応することができます。




都内で実績のあるペットシッターSunny Cloudsのペットシッターサービス都内でペットを預けるペットシッターを探しているのなら、ペットシッターSunny Cloudsは実績が豊富かつ動物看護師の資格を持ったペットシッターが対応することが可能です。
猫と小動物の世話それぞれに対する知見があり、ごはんの量や必要なケアなども動物看護師の立場から確認し、対応することができます。
お世話をお願いする前には事前打ち合わせをご家族様と綿密におこないます。
たとえば、アレルギーの有無や一匹一匹の個性、気をつけるべきことなどをお世話をお願いする前にご家族様から伺います。
もちろん、排せつ処理なども一括してケアしますし、旅行などの場合は少量でしたら自宅内の観葉植物の水やりなども無料対応します。ペットシッターは自宅内に他人が入ることになるので不安を感じる人もおおいかもしれませんが、動物看護師の資格を持っているペットシッターなら安心して預けることができますね。
ペットシッターに預けるときは、どんなペットシッターなら安心して預けられるか悩んでおられる方もいるかもしれません。
都内であれば、ペットシッターSunny Cloudsのような動物看護師のペットシッターに預けることで、ペットの健康を守りながら安心して旅行などに行くことができます。
都内でペットを預けることをお考えの方はぜひご検討ください。