投薬・介助・介護が必要な仔達のご家族様へ

~療法食~
症状に応じた療法食を食べている仔は、打ち合わせの時に病状を把握し療法食の確認をさせていただきます。
わんちゃんは食いしん坊さんが多いですが、猫ちゃんは「今日は食べたけれど明日は違うものを出さないと食べない」なんて事はよくありますね。
療法食をちゃんと食べてもらえるようにご家族様が工夫なさっている事も、詳しく教えていただけたらと思います。







~投薬~
ごはんに混ぜて食べてもらえるならいいのですが、確実に飲んだ事を確認しなければならないお薬はお口から(経口投与)となります。
ご家族様の時とは違い、知らない人・馴れない人からお口を開けての投与は難しい場合があります。
特に猫ちゃんが多いです。
・お腹を空かせておいてお薬を砕いて少量のウエットやおやつに混ぜる
・ドクターと相談して数日体内で効くお薬に代えてお出かけ前に病院で投与してもらう。
・お出かけ前から数回シッターに伺わせていただき、ご家族様の前で投薬をさせていただきシッターに馴れてもらう。

お薬によっては砕いてはいけない物や1週間効くといった代替えができないお薬もあります。
ご家族様と十分にご相談をさせていただきながら決めていきたいと思います。

お薬についてはシッターに伺った時に間違いなく投与できるよう、下記のお写真のようにわかりやすくご用意くださいませ。








~皮下点滴~
一定時間、動かない状態を確保できる場合のみ承る事ができます。
写真左のききちゃんは皮下点滴をすると喉を鳴らして嬉しそうにコロンと横になりますが、なかなかそういう仔には出会えません。
嫌だー!と逃げてしまうと簡単に針が抜けますので、ご家族様がいつもの通りにしている方法で上手くいかない場合は別の方法を一緒に考えていきたいと思います。







~介助・介護~
・投薬
・皮下点滴
・食事の介助
・排泄の介助
・その他



食事の介助や脱水防止のための水分補給




誤嚥・窒息を防ぐため、スワブ(黄色いスポンジ)で奥歯と歯茎の間の粘度の高い唾液を掻き出します。





一口に投薬と言ってもその仔に合った方法がありますので、ご家族様のお話を十分にお聞きしながら最適な方法を見つけていきたいと考えております。
「あまり細かい事をお願いしてはいけないかしら」とお気遣いなさらず、お気軽にご相談くださいませ。